【新着情報】2024年6月お知らせ (2024年06月06日)

腰痛について

腰痛の症状の特徴は、痛みの種類や強さが患者によって異なることがあります。一般的には、急性腰痛と慢性腰痛に分類されることが多いです。 急性腰痛は、急な動きやねじれた姿勢が原因で、突然強い痛みが現れます。症状は数日から数週間で自然に治ることが多いです。一方、慢性腰痛は、痛みが3ヶ月以上続く場合に分類されます。

ストレッチや適度な運動が症状緩和に繋がることがあるため、日常生活に取り入れることが推奨されています。 また、腰痛の症状は、何もしていなくても痛む場合や、特定の動作や姿勢で痛みが強くなる場合があります。立ち上がる際や座ってから立ち上がる動作、前屈みやねじる動作で痛みが増すことが一般的です。

さらに、腰痛は脚にまで痛みが及ぶことがあり、その場合は椎間板ヘルニアや腰椎分離症、腰椎すべり症などが原因である可能性が考えられます。腰痛の症状は多岐に渡るため、正確な診断と適切な治療が重要です。

 

腰痛の原因について

腰痛が生じる主な原因としては、まず筋肉の緊張や筋力不足が挙げられます。筋肉が硬くなると、腰部に負担がかかりやすくなり、痛みを感じることがあります。また、筋力不足の場合、腰を支える筋肉が十分に機能せず、腰に余計な負担がかかることで痛みが生じることがあります。

次に腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症などの腰の疾患も、腰痛の原因となります。これらの症状は神経を圧迫し、痛みやしびれが生じることがあります。加齢による変形性腰椎症やがんの転移が腰に影響し、痛みを引き起こすこともあります。

さらにストレスも腰痛の原因のひとつです。ストレスを感じると筋肉が緊張し、腰に負担がかかり、痛みが生じることがあります。リラックスすることで腰痛の緩和が期待できます。

また、運動不足や習慣的な悪姿勢も腰痛の原因となることがあります。運動不足による筋力低下や悪姿勢による腰への負担は、痛みの原因となります。

Return to Top ▲Return to Top ▲