【新着情報】2024年6月お知らせ (2024年06月06日)

ゴルフ肘

内側上顆炎(ゴルフ肘)は、手首や肘の使い過ぎが原因で発症する痛みや炎症を指す言葉です。肘の内側にある内側上顆が過度な負担を受けて炎症が起こり、痛みが発生します。ゴルフで無理なスイングを繰り返すことで発生することが多いため、ゴルフ肘という別名があります。

症状は、手首を曲げたりひねったりする動作で、肘や前腕の内側に痛みを感じることが特徴です。特に手の平側に手首を曲げると痛みが強く出ることが多いです。

 

ゴルフ肘の原因について

・ゴルフ肘の主な原因は以下の通りです。

・ボールを打つ際の無理なスイング

・体全体を使わない手先でのスイング

初心者やあまり上手ではない人に多い症状で、中高年以上の愛好者も多く、加齢による筋力の低下や柔軟性の衰えが発症の要因の一つになります。 肘の痛みを解消するには、痛みや違和感を無視せず、休養を十分にとることが大切です。初期段階では痛みが強くないため、一定期間休むことでほとんどが回復することがあります。

プレー後に痛みが残る場合は、患部を冷却し、肘のストレッチを行いましょう。症状が出ていない人も、ストレッチやフォームの改善が発症を防ぐ効果があります。

Return to Top ▲Return to Top ▲