【新着情報】2024年6月お知らせ (2024年06月06日)

ぎっくり腰

ぎっくり腰は急性の腰痛を引き起こす症状で、まず激しい腰の痛みが走ることが特徴です。この痛みは立ち上がる、座る、歩くなどの動作時に増悪し、日常生活に影響を与えることがあります。

また、痛みが強くなると腰周辺の筋肉が硬直し、腰の可動域が制限されることがあります。 ぎっくり腰は通常、腰に無理な力がかかることで発生し、筋肉や靭帯の損傷が痛みの原因となります。

つまり、重いものを持ち上げる際の姿勢が悪い、スポーツなどで腰に負担がかかる動作を行うなどが原因となることが多いです。 治療には安静・冷却・湿布・鎮痛剤などが使われることが一般的ですが、症状が改善しない場合には専門医の診断と適切な治療が必要となります。

 

ぎっくり腰の原因

ぎっくり腰が起こる主な原因として、まず筋肉疲労が挙げられます。過度な運動や長時間の立ち仕事などで腰周辺の筋肉が疲れ切ってしまい、急激な動きでぎっくり腰になることがあります。次に、急な動作が原因となることが多いです。重いものを持ち上げる際に無理な姿勢や角度で筋肉に負担がかかり、ぎっくり腰を引き起こすことがあります。

また、運動不足や筋力の低下が原因で、腰周辺の筋肉が弱まり、短期間で筋肉負荷が急激に上昇すると、ぎっくり腰になる可能性が高まります。さらに、加齢による腰椎の変性も関係していることが考えられます。

腰椎のクッションの役割を果たす椎間板がすり減ることで、腰椎や筋肉に負担がかかりやすくなり、ぎっくり腰を引き起こすリスクが高くなります。 以上の原因を踏まえて、腰痛の予防策としては、適度な運動や筋トレ、正しい姿勢の維持が重要であると言えます。

Return to Top ▲Return to Top ▲